2021年04月20日

婦人科の聖なる薬、黒鶏と白鳳の薬、あなたはちゃんと飲んでいますか...


長い歴史を持つ武夷白鳳丸は、婦人科系の漢方薬として有名です。 気を益し、血を養う働きがあり、月経を整え、出血を止める。 体が細い、腰や足が弱い、月経不順、腹痛、産後の体力低下、子宮出血、陰虚、寝汗などの女性に広く使われています。

歴史的由来

武夷白鳳丸は、明代の宮廷医であった公延賢が書いた「武夷丸」が原名です。 明の時代の宮廷医であった公延賢が書いたもので、12種類の漢方薬と3~5歳の「白羽の鶏」を原料とした「武治薬」が書かれています。 清の時代になって、唐同仁の9代目の子孫である楽白霊が、『寿の宝典』の呉子薬と白鳳丹の処方を足したり引いたりして、最終的に宮中専用の同仁呉子白鳳薬の処方を作り、呉子白鳳薬は清の皇室の薬となりました。

処方箋構成

処方】中国薬局方2015年版によれば、武夷白鳳丸は、武夷(除毛・除爪腸)、鹿角膠、酢亀爪、焼成牡蠣、桑白骨、人参、ハトムギ、アンゼリカ、白牡丹、酢香草、アスパラガス、甘草、ジオスコレア、リホマニー、川芎、丹心を主成分とする。

白鳳丸

効果】気を補い、血を養い、月経を整え、帯を止める

この処方は、「君子相助」の原則に基づき、医食同源の烏鶏肉を主薬とし、陰を補い血を活性化させ、肝腎を養い、虚熱を取り除くものです。

適用範囲

グループからは、武夷白鳳薬は主に気血を補い、陰陽を調整することを目的とし、それに加えて、血液の活性化や調整、凝固剤、抗帯薬など様々な用途に使われていることがわかります。

しかし、五味白朮は婦人科系の万能薬ではありません。月経不順の原因は様々で、すべての症例に当てはまるわけではありません。

紫黒色、血塊、黄色、生臭さ、脂性肌、ニキビ好き、体毛が濃いなどの症状が現れる、瘀血や湿熱による婦人科系の症状は服用してはいけません。

実は、武夷白鳳丸は女性専用ではなく、気血両虚、陰陽両虚の症状を満たしていれば、男性も服用することができます。

漢方薬の臨床診断・治療の指導のもと、研究肝硬変、慢性感染肝炎、前立腺組織肥大症、慢性非細菌性前立腺炎、精液障害、神経性耳鳴り、再生不良性疾患貧血、血小板が減少する紫斑病などの治療を実施するためにも、無印白鳳薬を使用することができます。

撮影時の注意点

1.暖かい黄ワインまたは暖かい水の配達

2.風邪や発熱などの表邪が未解決であったり、急性期の発作が中断されること。

3.人です。 服用中は冷たいものや辛いものは避けてください。

大根、カブ、くしゃみの根のハーブ、五苓散、濃いお茶などと一緒に服用すると効果に影響が出ます。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。